後方が出来る人なら意外と簡単!【マカコ】に挑戦!!

ダンス アクロバット

スポンサーリンク



こんにちは。
Akiです。

皆さん
『マカコ』というアクロバットは、ご存じでしょうか?

後方(開脚後方倒立回転)が出来る人は、次に『マカコ』に挑戦してみましょう。

後方が出来るようになってからの方が、すんなり出来るので後方が出来ない人はまず後方をマスターしましょう。

開脚後方倒立回転(後方)はコツをつかめばすぐに出来る

 

【マカコ】

『マカコ』とは
バク転のしゃがんではじめる感じに近く、身体を浮かす前に片手を床に着いているので、バク転より危険度が少ないアクロバットです。
バク転は、立てった状態(高い位置)から飛び込むけれど、マカコはしゃがんだ状態(低い位置)から飛び込むので、着地の衝撃が小さく、視線も地面と近いので、怖さも軽減されます。

 

練習方法

  1. しゃがんだ状態で、右手・左手どちらかの手(自分の着きやすい方の手で構いません)を先に床に着きます。
  2. 両足を同時に蹴り上げ、上半身はブリッジをするように反らせます。
  3. 体重はしっかり肩の上にのせ、足が真上にきたくらいで足先や膝裏をきれいに伸ばし開脚をします。
  4. 片足ずつ着地します。

 

注意点

  1. しっかりブリッジで身体を反らせる練習をしましょう。身体が硬い人(しっかり反らせることが出来ない人)でも、男性のように脚力と筋力がある人は出来ますが、女性や子供は柔軟性をつけ、タイミングや力の入れ具合をつかむことで、マカコは出来るようになります。
  2. 女性と子供の場合、脚力や筋力が少ないので、手を着く前に、その手を振り上げ勢いをつけることにより出来やすくなります。
  3. 先に床に着く手の向きは、内向きに近い感じで着きましょう(指先が内向き)
  4. 先に片手を床に着ける事により、身体を横にむけないよう、後方と同様に身体を真っ直ぐに保ちましょう。
  5. ダンスでするアクロバットなので、足先はポイント、膝裏もしっかり伸ばしましょう。

 

まとめ

百聞は一見に如かず

生徒の練習動画を見て下さい。

ジャズダンス教室で『マカコ』に挑戦!

 

アクロバットの練習をする場合は
しっかりストレッチを行ってから練習をして下さい。
特に手首と足首や首も念入りにしましょう。

この記事を読んで動画を見て、要領をつかんだら、あとは怖がらずに挑戦するのみです。
頑張りましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
また次回の『Akiの部屋』でお会いしましょう。
さようなら♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました