前方転回(前転)にチャレンジ!前方が出来たら前転は必ず出来る!!

ダンス アクロバット

スポンサーリンク



こんにちは。Akiです。
ジャズダンスインストラクターになり20年。
子供にダンスとアクロバットの指導をして19年のわたしです。

毎年コンテストにKids代表とJunior代表が出場していますが、特にキッズクラス(小学生の部)では、アクロバットをバンバンしているチームが多くなってきました。
前方や後方は当たり前のように出来、バック転をするチームも多いです。
バック転はかなり難しいですが、前方転回(前転)は比較的簡単に出来ますので挑戦して欲しいです。

前後開脚前方倒立回転(前方)は出来るのに、前方転回(前転)が出来ないという人も耳にします。
前方が出来る人なら、注意点に気をつけて、少し練習をすればすぐに出来るようになりますので、前転が苦手な人や挑戦したい人は是非ご覧ください!!

前方転回(前転)

まず前後開脚前方倒立回転(前方)が出来るようになったらはじめましょう。
前方も出来ないとか、大げさに言うとブリッジも出来ない人が、いきなり前転練習をすると、ケガをする可能性が大きいので気をつけてください。

前方回転(前転)のポイント&注意点

  1. 両手を頭上にしっかり振り上げる
  2. 振り上げ足は、真上に引っ張り上げるイメージで蹴り上げる
  3. 床につく両手は、平行にし肩幅くらいに広げる
  4. 目線は手と手の間を見て、あごを引かないようにする
  5. 足は、蹴り上げた足に軸足がついて行くようなイメージで
  6. 着地は両足でしっかり床を踏みしめるようにし、お腹に力を入れる

※前方と大きく違うところは、赤文字にしております。
前方は空中で前後開脚→前転は足を開かない
前方の着地は片足ずつ→前転の着地は両足
前方の感覚を取っ払い挑戦しましょう。

解説

1:前転は勢いも重要となりますので、両手をしっかり振り上げ勢いをつけましょう。

2:振り上げ足が真上ではなく前に行きすぎると、回転軸が小さくなってつぶれやすくなります。しっかり真上に引っ張り上げるイメージで蹴り上げましょう。

3:両手は肩幅で平行にし、床を押すイメージを持ちましょう。

4:目線は手と手の間を見ることにより、あごが上がります。
あごは引かず上げたままの状態で、身体全体を反った体勢を保つことにより、回転軸が逃げません。

5:前方は空中で前後開脚をしますが、前転は先に振り上げた足に軸足がついていくようなイメージです。

6:前方の着地は片足ずつ歩くようなイメージですが、前転は両足を同時に着地します。
回転軸に乗り、反った身体は、腹筋を使って勢いをおさえ、引き上げて直立の姿勢に戻しましょう。

まとめ

まずアクロバットの練習をする時は
しっかりストレッチをしてから練習を行ってください。
特に手首と足首や首を念入りに!!
ケガをしない為にもストレッチは重要です。

前方は出来るのに、前転が出来ないという人の多くは
◎勢いに乗ってクルッと回転するのが怖いという恐怖心が強い人。
◎前方の感覚がしみついていて、自然と空中で足を開脚になってしまって両足着地が上手く出来ない。もしくは、両足着地が出来たとしても、空中で足が開いている分、回転が遅くスピード感に欠けた前転になる人。
の2つに分かれます。

前方が出来、前転にチャレンジする時は、前方との違い
空中で足を前後開脚しない
着地は両足

をしっかり頭に入れ、怖がらずに勇気を出して練習しましょう。
前方に比べ怖がる人が多いですが
「前転が出来るようになりたい」
「自分は必ず出来る」
と言い聞かせ頑張りましょう。

前方より前転のほうが、迫力があってカッコイイですよ!!

小学生の選抜チームB.H.Pがコンテストで入賞した時の動画に、前転や前方や後方も出てきます。よかったらご覧下さい。

アーツフェスタたかまつストリートダンスコンテスト2019 特別賞受賞

 

それでは今回は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました。
また次回の『ダンス初心者&主婦応援プロジェクト:Akiの部屋』でお会いしましょう。
さようなら♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました